最近の記事

2017年09月29日

9/29(金)アンサンブルの愉しみ vol.2

18839266_1577225015643678_738705316731504825_n.jpg
19959038_1624061450960034_766451361283987249_n-1.jpg
2017年9月29日(金)19時開演(18:30開場)
会場:宇都宮市文化会館 小ホール
入場料:3000円(全席自由)
お問い合わせ:アンサンブル事務局
liebeslieder.ticket@gmail.com
電話:07050262482
チケット取り扱い:宇都宮市文化会館プレイガイド 0286346244 🚩★OCTAVE でも取り扱っております、Octave2004@aol.comまでご連絡ください。
後援:栃木県オペラ協会、東京音楽大学校友会栃木支部、下野新聞社、麻木新聞宇都宮総局、読売新聞宇都宮支局、株式会社栃木テレビ、Musicalier

出演:篠崎加奈子(ソプラノ)、高橋ちはる(メゾソプラノ)、田口昌範(テノール)、山本悠尋(バリトン)、羽石道代(ピアノ)、山口裕子(ピアノ)

曲目:ブラームス:愛の歌 作品52、源田俊一郎:童謡メドレー「いつの日か」より、山田耕筰:ピアノのための「からたちの花」、曼珠沙華、小林秀雄:落葉松。シューマン=リスト:献呈 他

このメンバーで!愛の歌を!宇都宮で!再演いたします。
昨年9月に東京で行った「アンサンブルの愉しみ」。ブラームスの素晴らしさに感動し一度ではもったいない、あの感動をもう一度、という気持ちがメンバーで高まってチャーミングな実力派ソプラノの篠崎さんと、私の地元である宇都宮で再演を決定しました。愛の歌は珍しくピアノ連弾の伴奏が付いていて、4声と様々な形態のアンサンブルで繋いでいく名曲です。愛の歌 だからと言ってハッピーで甘い曲集かと思いがちですがそこはブラームス。愛の苦悩、心の奥底の痛みもじわじわ攻め込んできます。それも愛の形なのねと自分の深ーいところで共感できる曲です。
何と言っても出演者の豪華さ。大変活躍されている4人の歌手の皆さんの歌声が宇都宮に響くと思うと嬉しいですね。ピアノは多美智子先生の門下の後輩にあたる山口さんです。連弾で伴奏、というのは歌の重厚感、華やかさをさらにアップさせる素敵な形態だと思います。どうぞお楽しみに。

さらに私も山口さんもソロのステージがあります。私は山田耕筰の名作「からたちの花」を本人がピアノ用にアレンジしたものを演奏します。
宇都宮での演奏も(実は)久しぶりです。多くの方々にお聴きいただきたいと思っています。お待ちしております。
posted by octaveburg at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

9/16(土)小高史子ソプラノリサイタル

IMG_5954.jpeg
2017年9月16日(土)14時開演(13:30開場)
小高史子ソプラノリサイタル
会場:宇都宮市文化会館小ホール
入場料:2500円(全席自由)
出演:小高史子(ソプラノ)、羽石道代(ピアノ)
主催:小高史子後援会
共催:宇都宮第九合唱団
連絡先:0286393883宇都宮第九合唱団事務局内
プレイガイド:宇都宮市文化会館 0286346244、栃木県総合文化センター 0286431013

曲目:ベルク:7つの初期の歌 より、マーラー「子供の不思議な角笛」より、ラヴェル:5つのギリシヤ民謡、プーランク:メタモルフォーズ、サティ:お前が欲しい 他

...と書いたように...ドイツ語、英語、フランス語を巧みに操る守備範囲の広い小高さんのリサイタルでご一緒させていただくことになりました。いやもう、素敵な歌曲ばかりでこれぞ宝石箱です。キラキラ...

歌曲の伴奏は詩を通して作曲家と繋がる不思議で貴重な時間です。器楽曲を書いている時と違う表情を見られる気がしています。それは、大学で出会った友達が地元に帰って地元の友達と一緒にいる姿を見たとき、みたいな、そんな感じかもしれません(私はここに立ち会う瞬間が大好きだからかしら)。
本格クラシック プログラムではありますが、小高さんの魅力的なキャラクターもあって曲を身近に感じられることができる演奏会になりそうです。お待ちしております。
posted by octaveburg at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

8/8(火) ジャン‐イヴ・フルモー 公開マスタークラス&ミニコンサート

2017-0808Sax.jpg
2017年8月8日(火) 公開マスタークラス 16:30- ミニコンサート 19:00 (開場は各30分前)
ジャン‐イヴ・フルモー 公開マスタークラス&ミニコンサート
会場:アーティストサロン“Dolce”
https://www.dolce.co.jp/store/tokyo/#access
入場料:DMC会員1,500円、一般2,000円
出演:サックス:ジャン‐イヴ・フルモー 、ピアノ:羽石道代
お問い合わせ・チケット取り扱い:ドルチェ楽器 管楽器アヴェニュー東京 サックスサロン 03-5909-1771

東京・新宿でもフルモー先生とミニコンサートの機会があります!
ドビュッシー:ラプソディ 
ヒンデミット:アルトサクソフォンとピアノのためのソナタ 
イベール:コンチェルティーノ・ダ・カメラより第2楽章
どの曲もフルモー先生の音色が堪能できる曲となっております。小さな会場でお席が限られますのですのでお早目の予約をオススメします。その前のマスタークラスも必聴です。
posted by octaveburg at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

8/4(木)第23回 浜松管楽器アカデミー 教授陣によるソロコンサート

2017年8月4日(金)開場18:30 開演 19:00
第23回 浜松管楽器アカデミー 教授陣によるソロコンサート
会場:アクトシティ浜松 音楽工房ホール
入場料:一般 \2,000 高校生以下 \1,000全席自由(税込)
http://jp.yamaha.com/about_yamaha/community/hamamatsu_wind_academy/festivalconcert/

出演:
ヴェンツェル・フックス(cl)、松浦真沙(Pf)
F.プーランク:クラリネットソナタ FP. 184、R.シューマン:幻想小曲集 Op.73

ジャン=イブ・フルモー(sax)、羽石道代(Pf)
C.ドビュッシー:アルトサクソフォンのための狂詩曲、P.ヒンデミット:アルトサクソフォンとピアノためのソナタ

クリストファー・オルカ(tub)、中村真理(Pf)
V.ブラゼヴィッチ:テューバとピアノのためのソロエチュード、J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 BWV1008より、
R.ヴィルヘルム:コンチェルティーノ Op.20

今年も浜松管楽器アカデミー、saxジャン=イヴ・フルモー先生クラスのピアニストとして参加します。
会期中に行われるソロコンサートで演奏があります。フランス人のアイデンティティと自らおっしゃったドビュッシーと、私の心の友ヒンデミット。素晴らしい音楽を素晴らしい音色でお楽しみいただける時間になることでしょう!
posted by octaveburg at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

5/20(土)第27回 あらえびすの会コンサート

27leaflet_front_small.jpg
第27回 あらえびすの会コンサート
日時:2017年5月20日(土)14:00開演(13:30開場)
会場:千代田区立 内幸町ホール
料金(全自由席):
  一般:4,000円(当日券 4,500円)
  学生:2,000円*(当日券 2,500円)*前売は各出演者のみ取扱い,当日学生証提示要
チケット取り扱い:e+ イープラス  ↓このページから直接申し込めます。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~araebisu/whatsnew.html

お問い合わせ:
  あらえびすの会実行委員会 araebisunokai@yahoo.co.jp
  (公財)野村学芸財団 事務局 TEL 03-3334-7186
主催:野村学芸財団堂子会
後援:岩手県,(公財) 野村学芸財団

出演:小池ちとせ(ピアノ)、安藤政輝(箏),徳丸十盟(尺八)、中江早希(ソプラノ),羽石道代(ピアノ)、山本直輝(チェロ)、上江隼人(バリトン)、仲辻真帆(企画・解説)

プログラム:
信時 潔:一番星みつけた/『東北民謡集』から「山唄」
柏木俊夫:風
長與惠美子:石のほとけ 橋本國彦:お菓子と娘
山田耕筰:『風によせてうたへる春の歌』から
  中江早希(ソプラノ),羽石道代(ピアノ) 

P.カザルス:鳥の歌
Pablo Casals: El Cant dels Ocells
  山本直輝(チェロ),羽石道代(ピアノ) 他

久しぶりの開催となります。今回も素晴らしい方々と一緒にこの会を作り上げていけることを嬉しく思っています。個人的には中でも「お菓子と娘」が演奏できるのが嬉しい!笑
あらえびす とは 銭形平次でもお馴染み野村胡堂先生の音楽・レコード評論の時のペンネーム。その財団の奨学生たちの会となります。この演奏会の素晴らしいところは洋楽も邦楽も一緒に聴けること。そしてプログラムも一見マニアックに感じるかもしれませんが実際には1つの流れの中でとても自然に音楽が繋がっていて楽しんで聴けるということ。今回も充実した演奏会になると思います。どうぞお出かけください!
posted by octaveburg at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

『BRA★BRA FINAL FANTASY BRASS de BRAVO 2017 with Siena Wind Orchestra』

http://sienawind.com/news/brabra2017.php
4/2~7/23
今年もシエナ・ウィンド・オーケストラにお邪魔させていただきファイナル・ファンタジーの音楽とともに全国をまわります。トークももちろん楽しいし、最後のアンコールの時、ステージ上で皆さんで盛り上がるあの感じは他にはないことかと。クラシックの演奏会でありながらもそうではないようなテンションの高い演奏会です。
posted by octaveburg at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

4/1(土)山口春奈サクソフォンリサイタル

山口春奈サクソフォンリサイタル
112427412_th.jpg
【日時】2017年4月1日(土)開場 13:30 開演 14:00
【会場】アクタス アンナホール 6階
【チケット(全席自由)】一般:3000円、高校生以下:1,500円
●お問い合わせ・チケットご予約 http://nonaka-actus.com/?pid=112427412

【出演者】サクソフォン:山口春菜、ピアノ:羽石道代、ゲストサクソフォン:染谷真衣、ゲストサクソフォン:野口雄登、ゲストサクソフォン:陬波花梨
【プログラム】
R.ブートリー/ディヴェルティメント
長生淳/天国の月
S.プロコフィエフ/チェロとピアノのためのソナタ ハ長調 作品119

P.I.チャイコフスキー/弦楽四重奏第1番 ニ長調 作品11

山口春奈さんとは彼女が洗足音楽大学時代からのお付き合いです。そんな彼女から久しぶりにお誘いいただきリサイタルでご一緒します。彼女はいわゆる「低音女子」で、バリトンサクソフォンをこよなく愛している様子。それを生かしたプログラムとなっています。
嬉しいことに昨年私の演奏会でプロコフィエフのチェロソナタを聴いてくれて、バリトンサクソフォンでも演奏したいと思ってくれたこと。そして大事にあたためて1年経って皆様にお披露目する日がやってきます...!

もちろん弦楽器の表現を管楽器で演奏することは簡単ではありませんが、サクソフォンで鳴り響くメロディーもなかなかいいものです。今回は座席数が多くない会場ですのでその響きを余すことなく堪能できるのではないでしょうか。どうぞ新年度1日目、お花見の足でふらりと渋谷にどうぞ。
posted by octaveburg at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

12/9(金)第23回「四人組とその仲間たち」コンサート

2016-12-9
2016年12月9日(金) 19:00開演(18:30開場)
第23回「四人組とその仲間たち」コンサート
東京文化会館小ホール
入場料:一般3,000円、学生1,800円(全席自由・各税込)※未就学児童の入場はお断りしております
チケット前売:チケットぴあ (Pコード:311-293)
*OCTAVE でもお取り扱いしています。Octave2004@aol.com
主催/制作/お問い合せ:株式会社 全音楽譜出版社
TEL:03-3227-6280/FAX:03-3227-6288

プログラム・出演者
池辺 晋一郎:バイヴァランスXI 二人の声のために
 演奏:工藤 あかね(vo.)、松平 敬(vo.)
新実 徳英:ピアノのためのエチュード ─神々への問い─ 第2巻 IV,V,VI
 演奏:寺嶋 陸也(pf.)
西村 朗:ハラーハラ サクソフォン・ソロのための
 演奏:須川 展也(sax.)
金子 仁美:味覚・嗅覚 2本のギターのための
 演奏:鈴木 大介(gt.)、大萩 康司(gt.)
中村ありす:風の門 アルトサクソフォンとピアノのために
 演奏:須川 展也(sax.)、羽石 道代(pf.)

素晴らしい演奏会に出演することになりました。
中村ありすさんの作品を須川先生と文化でご一緒する、という…光栄です。
新曲ですので誰もが初めて聴く、初めて出会う作品たちです。身構えずにただ何が起こるかワクワクする気持ちを持って聴くと純粋に楽しめるのではないかなと思っています。そしてこの曲が生まれる瞬間は今だけ!ですからね。(あまり言うと自分にプレッシャーもかかりますが)どうぞ新しい世界で一緒にワクワクしましょう。

1つ、中村さんの曲はきっと気温が高く、「良い香り」がしますよ…楽しみじゃないですか?
posted by octaveburg at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

11/23(水・祝)池田早苗のさわやかコンサート「愛の歌を」

2016-11-23.jpg
2016年11月23日(水・祝)14時開演
角筈区民ホール(新宿)
全席自由4000円
チケット・お問い合わせ:直樹企画03339806699
n-kikaku@myad.jp

出演:池田早苗(メゾソプラノ)、羽石道代(ピアノ)

プログラム
愛の歌を
・シューマン 献呈 ・グリーグ 君を愛す ・ドヴォルザーク 愛の歌(全8曲)他
秋のうたを集めて
・落葉松・荒城の月 他
シャンソンをどうぞ
・枯葉・愛の讃歌 他

たどれば藝大の大先輩にあたる、超ベテランの池田早苗先生の演奏会にまたご一緒できて嬉しい限りです。早苗先生の声は清らかで温かくて先生のお人柄そのものです。愛の歌というテーマで紡がれるこの演奏会にぴったりだと思います。シャンソンまでいっちゃう守備範囲の広さ。心温まる演奏会にぜひ足をお運びください。
posted by octaveburg at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

11/11(金)Series FOCUS vol.4 彼の起源 彼女の起源

IMG_4922.jpeg
2016年11月11日(金)19時開演
「Series Focus vol.4 彼の起源 彼女の起源」
会場:けやきホール http://www.koga.or.jp/access/index.html
出演:冨岡祐子/saxophone・羽石道代/piano・ ゲスト 田中拓也/saxophone
入場料;全席自由 一般3000円 学生2500円
主催:Foyer(フォワイエ) 共催;OCTAVE
協賛:野中貿易株式会社、株式会社ドルチェ楽器
後援:日本サクソフォーン協会、東京藝術大学同声会 http://doseikai.cielow.co.jp/event.cgi?year=2016&mon=11#1338、クロイツァー記念会

プログラム
バルトーク:44のデュオ(2本のソプラノサクソフォーンで演奏)
     :戸外にて(ピアノソロ)
グバイドゥーリナ:2本のバリトンサクソフォーンのためのソナタ
フェルド:アルトサクソフォーンとピアノのためのソナタ
ピアソラ:天使の死、天使のミロンガ、悪魔をやっつけろ、アレグロ・タンガービレ

このSeries Focusは、冨岡祐子と羽石道代を軸にして、ある作曲家やテーマに焦点を当てて展開するリサイタルシリーズです。今回はその第4回目にあたりますが、作曲家のその起源(ROOTS)が聴こえる、それぞれの祖国の血が流れ、祖国への熱い思いが確実に作品そのものの特徴になっている4人の作曲家の作品を取り上げます。

冨岡さんとのこの演奏会も、ある意味2人のルーツを大事に考えたい、という思いで続けています。自分が何が好きだったのか、何をしたかったのか、それによって今があることを考えることは面白いことだし、忘れてはいけない気もしています。

冨岡さんとゲスト・田中くんはお2人でSAXデュオのCDをリリースされたばかり。http://ebravo.jp/archives/27647 (ぶらあぼの記事より)
そのプログラムもお聴きいただけますのでお楽しみに。

私はバルトークと1本勝負!うわー…手がもうちょっと大きければよかったとかは言っていられないので、限りある資源(手)を使って頑張ります。
バルトークは実は私の中の第3の男です。
プロコフィエフで目覚め、ヒンデミットと寄り添いながら、バルトークに夢を託しました。
手の問題で可能と不可能があるのがバルトークなんですが、それも彼のピアニストとしての技量。尊敬と憧れを持って弾いてみたいと思います。
posted by octaveburg at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

10/7(金)アンサンブルの愉しみ シューマン とブラームスの「愛の歌」

14199267_1043266812439026_7973468855440609498_n.jpg14068286_1043266819105692_4946418701641887115_n.jpg
2016年10月7日(金) 19時開演
アンサンブルの愉しみ シューマン とブラームスの「愛の歌」
会場:かつしかシンフォニーヒルズ アイリスホール
(京成線「青砥」駅より徒歩5分/京成線「京成立石」駅より徒歩7分)

【出演】
篠ア加奈子(Sop)、高橋ちはる(Mez)、田口昌範(Ten)、山本悠尋(Bass)
羽石道代(Pf)、山口裕子(Pf)

【プログラム】
シューマン:流浪の民 Op.29-3
シューマン:スペインの歌芝居 Op.74
ブラームス:愛の歌 Op.52
他、シューマンとブラームスの歌曲をソロでお送りします。

【チケット】
全席自由 前売り:3000円 当日:3500円

【チケットお申し込み】
出演者へ直接メッセージいただくか、下記アドレスでもお申し込み承っております。
アンサンブルコンサート事務局:liebeslieder.ticket@gmail.com

歌と一緒に弾くことは器楽とは違う喜びがあります。どっちがいい、というのではなく、ハッキリとこっちがこうで、と言えるわけではないのですが、同じだけど違う喜びなのです。
ドイツ語で歌われるブラームスとシューマンの世界。ロマン派だから胸キュン、というわけではなく、昔ロマン派を取り組んでいた(こともあったんですよ)自分にも懐かしさを感じるからでしょうか。当たり前ですが嫌いじゃない。好きだからちょっと距離を置くのかもしれません。笑

それはともかくステキな声楽家の方がそろい踏み。皆さんのブラームス、シューマン、音楽との向かい方がとっても素敵でまさに「アンサンブルの愉しみ」。
そしてなぜピアニストが2人?...交替で弾くだけではありません。ブラームスの「愛の歌」は18曲すべてワルツ!そしてピアノパートはすべて連弾!という珍しいものなのです。ぜひこれは必聴ならぬ必見!かと。
ご来場お待ちしております。
posted by octaveburg at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

9/17(土)平賀美樹サクソフォーンリサイタル

102910076.jpg
2016年9月17(土)14時開演
平賀美樹 サクソフォーン・リサイタル
【会場】鴻巣市文化センタークレアこうのす小ホール
【出演者】Saxophone 平賀 美樹、Piano 羽石 道代
【チケット】前売り/2,000円(全席自由)※当日500円増
【プログラム】
ラプソディ(C.ドビュッシー)
パンドラの箱(R.アレッサンドリーニ)
プレリュード、カデンツとフィナーレ(A.デザンクロ)
無伴奏チェロ組曲第1番ト長調BWV1007(J.S.バッハ)
チェロソナタ第1番ホ短調作品38(J.ブラームス)  
※プログラムは変更にある場合がございます。

チケットのご予約はこちらが便利です↓
http://nonaka-actus.com/?pid=102910076

平賀さんがパリから帰国して同じ時期、同じ場所でリサイタルをしてから何年…。
いやいや。長い月日の中で変わらないこともあるけど変わったこともたくさんあります。とにかく2人ともまだ楽器を演奏して活動していることに感謝して、心をこめて演奏したいと思います。
前半はアルト、後半は「平賀といえばバリトン」のイメージが定着したバリトンでチェロの作品をお届けします!
posted by octaveburg at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

9/7(水)おんな二人ぽっち〜連弾します〜

A4サイズチラシ用原本改定案-2.jpg
A4サイズチラシ用原本ura-2.jpg
2016年9月7日(水) 18:30開場 19:00開演
おんな二人ぽっち〜連弾します〜
ムジカーザ(代々木上原)
全席自由 一般3000円 学生2500円 (7/7発売)
お問い合わせ・プレイガイド  
 (株)アクタス セルマー•ジャパン 03-5458-1521
 (株)馬車道ピアノサロン 045-211-2593
後援  昭和音楽大学、東京藝術大学同声会、クロイツァー記念会

プログラム:F.プーランク 4手のためのピアノ・ソナタ 、C.ドビュッシー(M.ラヴェル編) 牧神の午後への前奏曲 、J.ブラームス ハンガリー舞曲集 より 第1番〜第6番 、I.ストラヴィンスキー 春の祭典(作曲者編)

いつもステキなピアニスト石橋衣里さんと連弾の演奏会をいたします。「二人ぽっち」は衣里さんが続けていらっしゃるシリーズで今回はそこにすぽっとおさまった感じです。
衣里さんとはアンサンブルピアニストとしてお仕事の現場で何度もお会いしてきました。そのステキなお姿と演奏に憧れていましたので今回隣でピアノを弾けるなんて夢のようなお話です。

連弾とは1台のピアノを2人で並んで分け合って弾く、なかなか面白い形態です。ピアニスト同士で連弾しよう、そうしよう、と話がまとまることはそうそう多くない気がします。それがひょいひょいっとお話が進んだことに驚きと喜びを感じています。

なんといってもメインは「春の祭典」。この日が来た、と静かに興奮しております。天才ストラヴィンスキーのエッセンス、存分になめつくします。
また、今回もステキなデザインのチラシとなっております。色々なところで見かけた際はお手に取っていただけると嬉しいです。
発売は七夕、そして9月にムジカーザでお待ちしています!

posted by octaveburg at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

8/10(水)ジャン=イヴ・フルモー サクソフォンリサイタル 札幌特別公演

A4_C.pdf
↑チラシはこちら!

2016年8月10日(水)18:30開演(17:30開場)
ジャン=イヴ・フルモー サクソフォンリサイタル 札幌特別公演
ピアノ:羽石道代
会場:ザ・ルーテルホール(最寄駅:地下鉄・大通駅・1番出口徒歩3分)
http://lutheranhall.jp/access1.html
入場料:一般2500円、学生1500円(当日500円増)
主催・チケット取り扱い:三響楽器(株) 0116841276、(株)ヤマハミュージックリテイリング札幌店 0112522024

皆様に朗報!
フルモー氏のリサイタルが札幌で行われます。数年前は南の鹿児島で公演がありましたが今回は北の札幌で行われます。日本縦断ツアーで札幌を訪れたときに、ご自分がフランスの北部出身だから空気感とか何か共通するものを感じるよと、美味しいお食事、特にお鍋がお気に召したようで舌鼓を打っていらっしゃいました。笑
その札幌でリサイタル、私もとっても待ち遠しいです。プログラムは今までにないようなレアな曲も!
ドビュッシー:ラプソディ、バーンスタイン:ウェストサイド物語より、ヒンデミット:アルトサクソフォンとピアノのためのソナタ 他、充実の内容となっております。

東京でも浜松でも聴けないこのリサイタル。ぜひ札幌に足をお運びください!
posted by octaveburg at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

6/25(土)江川良子サクソフォンリサイタル

12923354_984016745023015_6636127518135550139_n.jpg
12920440_984016751689681_7354059316907275341_n.jpg
江川良子サクソフォーンリサイタル
2016年6月25日(土) 18:30開場 19:00開演
JTアートホール アフィニス(虎ノ門)
◎出演: 江川良子(サクソフォーン)、羽石道代(ピアノ)、吉川真澄(女声)
◎プログラム
佐藤聰明 : ランサローテ
C.ドビュッシー : クラリネットの為の第一狂詩曲
G.フィトキン : ゲート
棚田文紀 : メゾソプラノとソプラノサクソフォーンの為のデュオ
三枝伸太郎 : 委嘱作品
P.ヒンデミット : ヴィオラソナタ 作品11-4
◎チケット
一般 : 前売り3000円 当日3500円
大学生以下 : 前売り2500円 当日3000円
◎チケット取り扱い
イープラス http://eplus.jp/
セルマージャパン 03 5458 1521
下倉楽器御茶ノ水本店 03 3293 7706
ドルチェ楽器(東京) 03 5909 1771
◎お問い合わせ
☎セルマージャパン 03 5458 1521
✉ アールイーリサイタルオフィス rerecitaloffice@gmail.com
http://ryokoegawa.com

ステキな江川良子さんのSAXリサイタルでご一緒します。江川さんは藝大の1つ下の後輩で、学生時代を共に過ごしていた仲ですが実はその当時一緒に演奏したことはありませんでした。でもずっと近くで聴かせてもらっていたのでここ数年共演の機会があっても違和感なし。皆さんこのチラシの立ち姿にうっとりされたと思いますが(私もしました)その美しい姿と同じくスッキリしていながらも鋭い洞察力と深い研究から生まれる音楽を一緒に分け合うのは嬉しいことです。
その江川さんの4年ぶりのリサイタル。土曜の夜です。ヒンデミットも弾きます!どうぞこのホンモノの感じ、体感してください!
posted by octaveburg at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

5/28(土)シエナ・ウインド・オーケストラ第42回定期演奏会

2016年5月28日(土) 15:00開演(14:20開場)
シエナ・ウインド・オーケストラ第42回定期演奏会
会場:文京シビックホール 大ホール
指揮:パスカル・ヴェロ 、ゲスト・コンサートマスター:シルヴィー・ユー(クラリネット)
曲目
ポピー:オリエンタル組曲、真島俊夫:巴里の幻影、イベール:交響組曲「寄港地」、ウェーバー(真島俊夫編):舞踏への勧誘、ラヴェル(真島俊夫編):ラ・ヴァルス、ラヴェル(藤田玄播編):ボレロ
※出演者および曲目は予告なく変更になる場合がございます。
お問い合わせ↓■シエナ・ウインド・オーケストラ事務局 03-3357-4870(平日10:00-18:00)
http://sienawind.com/concert/20160528.php

シエナ・ウインド・オーケストラの定期演奏会にチェレスタで参加します。あの、名曲…ボレロ...演奏します。…夢が叶う瞬間です。その他のプログラムもパリの色あいで素敵です。この後は美味しいワインが飲みたくなってしまうに違いありません。どうぞこの演奏会から始まるステキな週末をお過ごしください。
posted by octaveburg at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

BRA★BRA FINAL FANTASY BRASS de BRAVO with Siena Wind Orchestra ツアー2016

BRA★BRA FINAL FANTASY BRASS de BRAVO with Siena Wind Orchestra ツアー2016
公式ホームページ↓
http://www.square-enix.co.jp/music/sem/page/brabraff/tour/2016/

今年も人気のコンサートが全国で順次開催されています!私は主に4,5月と7月の後半に参加させていただいています。
ブラスで聴くとめちゃくちゃ迫力あります!毎回お客様がキラキラした笑顔で聴いてくださっているのがよく見えます。そうですそうです、ファンの方なら嬉しいですよね…!しかも植松さんに会えるとなれば足を運ばない理由がない。笑 今回ももちろんシエナの定番、アンコールはステージに上がって一緒に演奏できるという特典もございますので、ぜひ皆さんで楽しみましょう!
またネットのラジオもあるようです↑。映像に私もちょっと映っていたりして 笑 そちらもどうぞご覧ください。
posted by octaveburg at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

4/14~18 佐渡裕×シエナ2016

佐渡裕×シエナ2016
○公演内容
レスピーギ:交響詩「ローマの祭」「ローマの噴水」「ローマの松」ほか
@松山 2016年4月14日(木)19:00開演(18:00開場)ひめぎんホール メインホール
@高松 2016年4月15日(金)19:00開演(18:30開場)アルファあなぶきホール大ホール
@福山 2016年4月16日(土)14:00開演(13:15開場)ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ 大ホール
@岩国 2016年4月17日(日)14:00開演(13:30開場)シンフォニア岩国 コンサートホール
@松戸 2016年4月19日(火)19:00開演(18:30開場)松戸・森のホール21 大ホール

詳細はこちらから↓
http://sienawind.com/concert/20160414.php

シエナ・ウィンド・オーケストラにお世話になっております。昨年に引き続き佐渡裕さんの指揮でローマ3部作。大きな私が小さなチェレスタとともにあちこち伺います。笑 祭りではピアノ連弾ですが。
佐渡×シエナは大きな音楽の力がぐぐっと動く瞬間。というように私はいつも感じています。ステキな時間をぜひ皆さんにも味わっていただきたいと思っております!お近くの方、遠くの方も旅がてら。お待ちしております。
posted by octaveburg at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

+9終了いたしました!

2016年3月19日(土)羽石道代プラスシリーズ第9回 羽石道代プラス福富祥子〜プロコフィエフ、プロコフィエフ!〜東京オペラシティ リサイタルホールにて終了いたしました。お天気も危うい感じですが、多くのお客様に足をお運びいただきありがとうございました。
プロコフィエフ、久々の再会に私には不安があったのですが(まるで同窓会に行くかのような 笑)結果、本当にいい再会となりました。できなかったことができるようになっていたり、できなくなったこともあったりしましたが。今の私を素直に見つめることができました。
振り返りつつ前に進む。前に進みながら振り返る。こんな感じですがまた精進したいと思います。

私とピアノにできること。
次は第10回です。皆様のおかげでここまでまいりました。これからもいい企画をしたいと思いますので、今後とも皆様応援どうぞよろしくお願いいたします。
posted by octaveburg at 12:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

2/10(水)みなとみらいクラシック・クルーズ vol.74

2016年2月10日(水)@ランチタイム・クルーズ 12:10~ Aティータイム・クルーズ 14:30~
シエナ・サックス
榮村正吾(ソプラノサックス)、上野耕平(アルトサックス)、貝沼拓実(テナーサックス)、大津立史(バリトンサックス)、共演:羽石道代(ピアノ)
http://www.yaf.or.jp/mmh/recommend/2016/02/-vol74.php

・お問い合わせ先
横浜みなとみらいホールチケットセンター:045-682-2000
・チケットお取扱い
横浜みなとみらいホールチケットセンター:045-682-2000
チケットぴあ 0570-02-9999 http://pia.jp/t/ (1回券・ランチボックス券のみの取扱い)

素敵な企画でシエナ・サックスの皆様とご一緒させていただきます。みなとみらいで演奏できるのは個人的にとっても嬉しいな…。@Aはプログラムが違います!ぜひ両方楽しんでいただきたいです。サクソフォン・カルテットは同属楽器ならではの統一された響きがあります。時に弦のカルテットのように繊細に、またオルガンのように一体感を持って迫力を出すこともできます。とても面白いと思います。

みなとみらいでゆったりと過ごす午後もいいのではないでしょうか…!
お待ちしております。
posted by octaveburg at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする