最近の記事

2017年09月29日

9/29(金)アンサンブルの愉しみ vol.2

18839266_1577225015643678_738705316731504825_n.jpg
19959038_1624061450960034_766451361283987249_n-1.jpg
2017年9月29日(金)19時開演(18:30開場)
会場:宇都宮市文化会館 小ホール
入場料:3000円(全席自由)
お問い合わせ:アンサンブル事務局
liebeslieder.ticket@gmail.com
電話:07050262482
チケット取り扱い:宇都宮市文化会館プレイガイド 0286346244 🚩★OCTAVE でも取り扱っております、Octave2004@aol.comまでご連絡ください。
後援:栃木県オペラ協会、東京音楽大学校友会栃木支部、下野新聞社、麻木新聞宇都宮総局、読売新聞宇都宮支局、株式会社栃木テレビ、Musicalier

出演:篠崎加奈子(ソプラノ)、高橋ちはる(メゾソプラノ)、田口昌範(テノール)、山本悠尋(バリトン)、羽石道代(ピアノ)、山口裕子(ピアノ)

曲目:ブラームス:愛の歌 作品52、源田俊一郎:童謡メドレー「いつの日か」より、山田耕筰:ピアノのための「からたちの花」、曼珠沙華、小林秀雄:落葉松。シューマン=リスト:献呈 他

このメンバーで!愛の歌を!宇都宮で!再演いたします。
昨年9月に東京で行った「アンサンブルの愉しみ」。ブラームスの素晴らしさに感動し一度ではもったいない、あの感動をもう一度、という気持ちがメンバーで高まってチャーミングな実力派ソプラノの篠崎さんと、私の地元である宇都宮で再演を決定しました。愛の歌は珍しくピアノ連弾の伴奏が付いていて、4声と様々な形態のアンサンブルで繋いでいく名曲です。愛の歌 だからと言ってハッピーで甘い曲集かと思いがちですがそこはブラームス。愛の苦悩、心の奥底の痛みもじわじわ攻め込んできます。それも愛の形なのねと自分の深ーいところで共感できる曲です。
何と言っても出演者の豪華さ。大変活躍されている4人の歌手の皆さんの歌声が宇都宮に響くと思うと嬉しいですね。ピアノは多美智子先生の門下の後輩にあたる山口さんです。連弾で伴奏、というのは歌の重厚感、華やかさをさらにアップさせる素敵な形態だと思います。どうぞお楽しみに。

さらに私も山口さんもソロのステージがあります。私は山田耕筰の名作「からたちの花」を本人がピアノ用にアレンジしたものを演奏します。
宇都宮での演奏も(実は)久しぶりです。多くの方々にお聴きいただきたいと思っています。お待ちしております。
posted by octaveburg at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック