最近の記事

2014年12月11日

12/11(木)Series FOCUS vol.3「魅惑の夜明け」

IMG_1176.jpg
2014年12月11日(木)19時開演(18:30開場)
けやきホール(古賀政男博物館内)代々木上原
Series FOCUS vol.3「魅惑の夜明け

出演:冨岡祐子(SAX)、羽石道代(Piano)
ゲスト:サクソフォーン・カルテット・アテナ*
曲目:
シャンカール:魅惑の夜明け
メシアン:カンテヨジャーヤ
シャルパンティエ:ガヴァンボディ2
リゲティ:ムジカ・リチェルカータ(6つのバガデル:サクソフォーン四重奏編を含む)*
オルブライト:ソナタ

主催:Foyer(ファワイエ) 共催:OCTAVE
協賛:野中貿易株式会社、株式会社ドルチェ楽器

全席自由 一般3000円・学生2500円
お問い合わせ・チケット予約:Foyer(ファワイエ) foyer.musique@gmail.com
             :セルマージャパン 0354581521

冨岡祐子さんと私で行っているマニアックなリサイタルシリーズ、Series FOCUS 第3回目はインド音楽に焦点をあてて、そこから少し世界にも目を向けていきます。すなわち東洋の民族独自の音楽に影響を受けた西洋音楽の作曲家の作品を日本人の私たちが演奏する、ということですが。
自分たちの伝統にないもの、逆に自分たちの伝統に近いもの、それが作曲家の中で消化され作品として生み出された。それを世界中の演奏家が受け取って演奏という形で発信している。なんだか世界の上でキャッチボールしていような、おもしろい感覚があります。東洋と西洋、世界は一つだけど一つではない。いろいろあって素晴らしい、音楽が教えてくれている気がします。

今回のゲストは今年2枚目のCDを発売した、スタイリッシュな美女カルテット・アテナです。(冨岡さんがテナー担当)リゲティのピアノ曲 ムジカ・リチェルカータは作曲家自身の編曲で全11曲中6曲が「6つのバガテル」(木管五重奏、SAX四重奏)としても有名です。ですので今回は、ピアノの原曲のならびで「6つのバガテル」に編曲されているものはアテナが、されていないものはピアノで、演奏したいと思います。これは珍しいことと思いますのでぜひお聞きいただきたいと思います!

お忙しいこととは思いますが、皆様のご来場をお待ちしております。
チケットは上記、もしくはOctave2004@aol.comでも受け付けております。
よろしくお願いいたします。


posted by octaveburg at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック