最近の記事

2012年09月04日

9/4 (火)Series FOCUS NO.2 Musique spectrale

A4サイズチラシ用原本omoteのコピー1.jpg
Series Focus vol.2 Musique spectrale
もはや音符ではなく、音で構築する________

2012年9月4日(火)
18:30開場 19:00開演
けやきホール(代々木上原・古賀政男音楽博物館内)
入場料:全席自由 3000円(一般)/2500円(学生)
チケット予約・お問い合わせ  
Foyer(フォワイエ) :
foyer.musique@gmail.com
セルマージャパン : 03-5458-1521

出演:冨岡祐子/Saxophone・羽石道代/Piano
Guest:田中麻理/soprano

曲目:
Trois chansons de Bilitis / C.Debussy
Un lieu verdoyant... Hommage à Gérard Grisey / P.Leroux
Tre pezzi / G.Scelsi
Cloches d'adieu, et un sourire... in memoriam Olivier Messiaen / T.Murail
Rhapsodie / C.Debussy


冨岡祐子ちゃんと始めた、マニアックシリーズ、第2回をお知らせします!
主にフランスと日本で展開されているスペクトル楽派の音楽を軸に、フランス現代音楽の礎にもなるであろう、ドビュッシーの音楽も加えていくプログラムとなっております。スペクトル楽派はサブタイトルにもあるように「音で構築する」つまり、音そのものを分析してそれを楽器で再構築していくような、ミクロとマクロの世界を同時に作るような魅力があります。えええ...難しそう...とお感じになると思いますが、聴いてみると響きの妙、といいますか、その瞬間のタテの響きにカメラのシャッターをきるような...まさにフォーカスする感覚があると思います。自分の「感覚」で音楽を聴く...知識ではない部分で「体感」していただけたら嬉しいです。
お待ちしております!
posted by octaveburg at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/276328924
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック